楽天モバイルとahamoとLINEMOとpovo結局一番のおすすめは?
『楽天モバイルとahamoとLINEMOとpovo色々あるけれど、一体どこにすれば良いのか分からないよ。誰か教えて~』

ということでしたらお任せください。

携帯各社のホームページから抜粋したものを表にしてまとめてみましたので、どの携帯会社にしようか迷っておられるのであれば必見の価値ありですよ。

4大キャリアサービス比較表

楽天の「Rakuten UN-LIMIT VI・NTTドコモの「ahamo」auの「povo」ソフトバンクの「LINEMO」のサービス内容を比べてみました。
Rakuten UN-LIMIT VI ahamo povo LINEMO
月額利用料金
  • ~ 1GB     0円
  • ~ 3GB (税込1,078円)
  • ~20GB (税込2,178円)
  • 20GB以上(税込3,278円)
  • ※通話料金時間無制限無料分含む
2,970円(税込)※国内通話料金5分無料含む 2,728円(税込)※国内通話料金は含まない 2,728円(税込)※国内通話料金は含まない
データー容量及び超過後速度 楽天回線エリア=高速でデータ無制限
パートナー回線エリア(国内)=5GB超過後は最大1Mbpsで使い放題
パートナー回線エリア(海外)=2GB超過後は最大128kbpsで使い放題
20GB→超過後速度制限最大1Mbps 20GB→超過時の速度最大1Mbps 20GB(※LINEアプリのデータ通信量は20GBに入らず使い放題)→超過時の速度最大1Mbps
音声通話 Rakuten Linkの場合→0円 5分無料 ※かけ放題は+1,100円(税込) 30秒あたり22円(税込)
※5分以内無料は+550円(税込)
※通話かけ放題は+1,650円(税込)
30秒あたり22円(税込)
※5分以内無料は+550円(税込)→キャンペーンで1年間0円
※通話かけ放題は+1,650円(税込)→キャンペーンで1年間1,100円(税込)
キャリアメール 2021年夏頃導入予定 なし なし なし
問合せ窓口 実店舗+電話+Web オンラインのみ オンラインのみ オンラインのみ

4社を検証

利用料金
料金については、20GBまでであれば楽天モバイルが圧倒的に安い価格となっています。20GBを超えた場合は、povoとLINEMOが最安値ですが両社に5分以内通話無料分が入っていないので注意が必要です。
通話料時間無制限で考えると、1.Rakuten UN-LIMIT VI 2.ahamo 3.povo、LINEMOの順になります。

データー容量及び超過後速度
特筆すべきは、LINEMOのLINEアプリのデータ通信量は20GBに入らず使い放題となる『LINEギガフリー』。他社には真似できないLINEMO唯一無二の強みだといえるでしょう。
また、Rakuten UN-LIMITⅥの楽天回線エリアの高速でデーター無制限は、大変魅力的なサービスですので、全国に広がって欲しいところです。

音声通話
楽天モバイルの「Rakuten Link利用時無料サービス」は他社を寄せ付けない、カスタマーファーストのサービスです。電話を頻繁に使う人は楽天一択ですね。

キャリアメール
楽天が今夏導入予定ですが、現在は4社共にキャリアメールはありません。

問合せ
実店舗や電話での問い合わせが可能な楽天は、更に郵便局との業務提携を発表しました。今後、郵便局窓口での相談受付もあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

携帯は個々の生活様式や使用用途によって選択肢も変わってくることになりますが、

利用料金については、正直それほど差がないのが現状です。他社の動向を見ながら価格を合わせているので当然といえば当然ですが・・・。

敢えて挙げるとしたら、

lineをよく使う人であれば、容量を気にする必要のないLINEギガフリーのあるLINEMOが最適でしょうし、

総合的にみると、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITⅥがサービスのインフラが整っていてかつ最安値ということになりますので、安くてサービス内容も平均以上を求めるのであれば楽天モバイル一択ということになるでしょう。

但し、料金とサービス内容共に、他社が新たな料金体系やサービスを発表すると、それ追随する形で新サービスが出てきますので、最新情報をよく把握した上で携帯会社を決めていきたいですよね。

楽天モバイル公式サイト

ahamo公式サイト

povo公式サイト

LINEMO公式サイト

以上【楽天モバイルとahamoとLINEMOとpovo結局一番のおすすめは?】でした。