NTTドコモが提供する「ahamo」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」 どちらも人気ですが、どっちがお得なのでしょうか?そこで、

アラフォー男子アラフォー男子

利用料金とサービス内容を比較検討してみました。

興味のある方は、どうぞ最後までご覧ください。

ahamoとRakuten UN-LIMIT Vの違い

ahamoとRakuten UN-LIMIT Vの比較表

楽天 docomo
プラン料金 段階定額制
0~ 1GB:無料
1~ 3GB:980円(税込1,078円)
3~20GB:1,980円(税込2,178円)
20GB~:2,980円(税込3,278円)
20GB:2,700円(税込2,970円)
国内通話 かけ放題:時間無制限で0円(Rakuten Linkを利用した場合) 5分かけ放題:無料
かけ放題:1,000円
留守番電話
超過後の速度 1Mbps
キャンペーン 1年無料 最大25,000円相当の楽天ポイント 先行エントリーで3.000円相当のdPOINT
申し込み窓口 店頭またはオンライン オンラインのみ
相談窓口 電話またはチャット チャット
キャリアメール 2021年夏頃導入予定 なし

検証結果

全ての面において楽天がahamoを上回っているのが、お分かりいただけたのではないでしょうか。
利用料金
どれだけのギガ数を使ったとしても楽天に軍配が上がりますね。
国内通話
無料の対象となるのが5分までのahamoに対し、楽天モバイルは『楽天Link』という専用のアプリを使えば、相手先が050から始まる番号であっても、時間無制限の無料でかけられます。
申し込み窓口
ahamoがオンラインのみなのに対し、楽天モバイルは店頭とオンラインのどちらでも可能です。
相談窓口
ahamoがチャットのみなのに対し、楽天モバイルは電話とチャットの両方で受付ています。
キャリアメール
キャリアメールというのは、「○○○.rakuten.ne.jp」とか「○○○.ahamo.ne.jp」といったメールアドレスのことで、2021年3月現在ahamoも楽天もキャリアメールはありません。今夏に楽天が導入予定ですが、今後ahamoもそれに追随して導入するかもしれません。
ネットワーク
両社ともに、5G/4G(LTE)となっていますが、この点については数値で表すことができません。 ドコモのほうが繋がりやすいとか、楽天は基地数がまだ少ないので・・・、など様々な意見があるところですが、 楽天モバイルユーザーである私は、ネットに繋がりにくくて困ったこともなければ、他のキャリアにしておけば良かったと思ったことすらありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ahamoと楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)の二つを比較してみると、料金で選ぶのであれば間違いなく楽天ということになります。

20GBまでの利用であれば、毎月約1,000円の差額が生じますので、年間でのトータルは12,000円です。12,000円もあれば、かなり満足度の高い家族サービスができてしまいますよね。

アラフォー男子アラフォー男子

豪華なランチやディナーに出掛けても良いですし、ちょっとした小旅行だっていけてしまう金額です。

興味があれば一度楽天の公式ホームページのキャンペーン一覧をご確認ください。楽天モバイルは本当におすすめですよ^^

キャンペーン一覧